やゆよのあゆみ

コミュニティという生き方から、心と世界の情報を発信します。

物質と生命

f:id:Tenten:20140405075116j:plain

 

最初は小さな波だった。

その波は波紋として広がり、跳ね返り、重なり合って、

やがて揺らぎは渦へと大きくなっていった。

 

渦から銀河が生まれ、星が生まれ、大気が生まれ、海が生まれた。

それら渦巻くすべてのものたちは、変化しながらも、渦としての形を保ち続けている。

生命は、そんな変化と安定という法則の中で生まれたひとつの過程である。

 

渦巻く海の中で、

自己と世界を区切る膜が生まれ、

自己を複製し、存続するための遺伝子が生まれ、

それらをあわせ持つ、細胞というひとつの生命が生まれたかと思うと、

細胞同士が共生し合い、多細胞生物というより大きなひとつの生命へと進化した。

 

この世界には、ある方向性が与えられている。