読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感じること 考えること

f:id:Tenten:20150603005151j:plain

 

感じることは、拡げていくこと。

考えることは、収めていくこと。

 

すべてのものはDNAのように螺旋を描きながら運動している。

銀河団も銀河も、太陽も月も地球も、原子も電子も。

 

人の心もまた、感じることと考えることを繰り返して活動している。

それは拡大と収束、受動と能動、右脳と左脳、母性と父性とも言える。

 

そのふたつのバランスが取れていることは、調和であり健康であり自然である。

偏りは、矛盾であり、病であり、痛みを生み出す。

 

思考に偏りすぎると、イメージ・主義・理論に囚われる。

感覚や直感は鈍り、今という瞬間から意識は遠ざかる。

 

他者の意見が受け取れなかったり、

目の前の大事なことを見過ごしてしまったり、

自分の内側から湧いた、直感や違和感を見逃してしまう。

 

感じることに意識を向けて、心を開くと、人の言葉が心で受け取れる。

手にした道具に神経が通う。

自然や宇宙と心が通う。

 

感じることで、枠を外し、

考えることで、枠を固める。

 

そうやって、変化と定着を繰り返し、その流れの中に身を委ねていく。